昨日はぬか喜びしたけど

もう治ったような錯覚をしたようだ、、、、、

20時頃
咳が止まらなくなった

風邪で咳が出た事は
68年生きて来た中で殆ど無い
全部みっともない
鼻風邪だった、、、、、

だから
乾いた咳という風邪の咳をあまり知らない!

主人は病気には疎い
CTの結果が良かったと聞いて
私の肺が治っていると勘違いしている?

私はちゃんと把握している
抗酸菌症は一生だと、、、、、
良くなったり悪くなったりの繰り返しだと、、、、

でも
昨日は私もぬか喜びしていた



刷毛の毛が肺で一本風でそよいでいるような?
主人が
どうしたんだ?
と不安を押し殺す表現で聞く、、、、
決してまたか!とは言うまい!
その心が痛い程解る

そういう時
病人は反抗するものだ!
わかっちゃいるけど攻撃的になる

それはダメだ
病気の苦しさの全ては本人にしか解らない!

攻撃しても
相手は虚しい事だと思うので

ただただ
沈黙ーーーーーーーー
あるいは
「大丈夫よ!」
とぶっきらぼうに相手を慰めるしか無い、、、、、、

テレビドラマなら
相手の人が大丈夫よ!
と優しく肩を抱いてくれるだろうなぁ~

それはドラマだからだ




その一時間位後で
痰を感じてぺっとした
真っ赤では無いけど血が混じっていた
そして先程も、、、、、、

大した事は無い
と言われたけど
大丈夫かな?私?

仕事の許可も貰ったけど
職場で血痰は無いよね????

それは無いよね???
それが一番恐怖


一夜明けたら

そうよね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • アズキの母

    気持ち玉をありがとうございます。
    気持ちの浮き沈みが激しいですが
    ノー天気な私なので頑張ります~。
    2019年05月18日 17:47

この記事へのトラックバック