ひとりぼっちの雨の休日

母がいなくなって
もう
施設に面会に行かなくては!
と言う強迫観念のような思いは
自分で打ち消す、、、、、、、、

長い間の習慣は消えない
自由だよーーーーーーーーーーーーーー
と自分に言い聞かせてなければ納得出来ない


そして
その度
母を思い出す
母は弟一途だったけど
面倒は私がみた、、、、、、、、、

母はハッキリ言った
「息子は休みの日は休ませてあげたい」
その反対は
娘は使いたい放題よ〜
って事

歯痒かったけど
私は逆らえなかった

その分
69年間の思い出を貰った
それで余計に悲しい

母には色んな事を聞いた
料理は祖母の方がよく教えてくれた気がする


下から2番目に生まれた母は
姉や兄が結婚して家を出ていくので
激動の昭和を母親と共に生き抜いた

日本昔話のような
田舎の農家暮らし
母からは色んな事を習ったけど
時代は進み私には殆ど役立たない事だった



こんな雨の日
ひとりぼっちでいると
母の事が目に浮かび感情より先に
涙が出る


母の教えをメモ
◯病的なしゃっくりを止めるには
スズメバチの巣と柿のヘタを煎じて飲む
(これは効いた人が多い)


◯病気で浮腫む時
アカヒマの根と彼岸花の根を混ぜて擦り浮腫んだ所に貼る


もしかして
二つの組み合わせは違うかもしれないけど
多分漢方薬の店にあるはず


◯喘息
キササゲを干した物を煎じて飲む
(しかしキササゲの木には現代人の好きなパクチー=カメムシが集まり酷い臭いがする)


医療が進んだ今も苦しむ人は多いはず
が民間療法は出来ない!



69年間一緒だった母は色んな話をしてくれた
私は息子達と何も話さない、、、、、、、、、、



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント