帯状降水帯再発


携帯にメールが入る、、、、、、

えーーーー!
怖い

明日朝は
佐賀県も危険なオレンジ色

お昼までは
九州北部は雨ではなく曇りだった
のに

怖い、、、、、、

ハザードマップでは安全地帯の居住地
でも
想定外ばかりの昨今、、、、、、

熊本県も1965年以来初めてでそれよりも酷かったと話されていた


通勤道路には
嘉瀬川上流の大きな川がある
川の両端は広く田園
堤防も高い
そこに長い橋がかかっている

26水害???とか言われている大水害で
その橋まで
浸かったらしい
とても信じられない水位
沢山の田畑が有るけど、、、、、、、、

その橋の名前は
「名古屋橋」
幕末の藩士鍋島さんが
秀吉の朝鮮出兵の時通った橋
奥さんだったか?が
兵士にオニギリを手渡していた橋、、、、、、

経験した事のない災害は
そんな歴史も打ち消してしまうのか?


どうぞ被害が出ませんように〜
年寄りは怖いなぁ〜


ここまで書いて
祖母を思い出したーーーーーー

祖母が私ぐらいの年齢の時か?
まだ自然は想定外など起きなかった古き良き時代
そんな時も豪雨はあった
町のメイン通りも人の膝下位まで冠水していた
のに
祖母は毎日通う社交場のような小さな医院に行っていた〜

あの頃は経験が全てで
想定外ば無かった
父がまだ元気だった頃から
「最近は自然も変わってきたから!」
と皆が口々に言うようになり始めてはいた、、、、、


こんな酷い事が起こる事は想像もしなかった

レーダーナウキャストとか
怖いね
予想出来る恐怖

過去の夢や希望を捨てたら

新しい夢を見ることが出来るのか?

そんな事当たり前?

私はダメだーーーーーー

ダメだ
と思う事に執着している


キッパリと捨てられたら
どんなに清々するだろうか?

私の執着しているのは
庭木
や人形



あー捨てたい!
と思う

しかし
怨念のような過去の欲望が湧き出る

アホらしい
先は短いんだ

まして
自然災害を目の当たりにすると

「形あるものは崩れる」
と言う
仏教の教えそのものだ

あの被災なさった家々にも
ヴィトンやエルメスのバックが有ったかも?
ブランド服が有ったかも?

でも汚泥と同化してしまった、、、、、、、、、

若い頃
子育て真っ最中
小さいお財布の頃、今だって小さいお財布だけど
財布の中身の使い方は違った

良い物に憧れる私は
本を買いブランド物の写真の切り抜きをして
いつかは〜
と眺めて満足していた、、、、、、、、

それで良かった
それがよかったのに
子育てが終わった頃
福岡三越がオープンして簡単にブランド物が買えるようになった

エルメスやヴィトン
初めて行ったエルメスには
ドアボーイさんがいた、、、、、、、

それからはダメ
仏教に反する事ばかり


これからだって遅くない??????
まず植木からかな???
父の愛したその木々を捨てよう〜
父の姿と重なる木々、、、、、、、、
思うだけで涙が浮かぶ

でも
もう
お父さんの残した愛する物よさようなら
私の心がボケない限り
お父さん自身は私の心の中で生きている

まるで
昨日の事のような
その声
その笑顔
その姿


ファザコンだった私
父は知っていたのかなぁ〜




恐ろしい自然災害

昨日は朝から
熊本の洪水の様子に心が凍る思いだった

被災された方々に
心からお見舞い申し上げます


いつどこで起きるかもわからない自然災害
そして
台風シーズン前


テレビ画面だと
熊本県大変だーーーーーーーーー

熊本県全体の事を思った


けどーーーーーーーーーーーーーーー
今日の新聞の第一面を見たら

あーーーーーーーーー
そう言う事か!

安心する


私達はマスコミに翻弄される
がマスコミの伝える事は
切り取られた一部、、、、、、、、、、、
そこを誤解してはいけない


いつのどの災害や事件でも
マスコミの報道するのは
「点」



今朝見た紙面は
事実を見せつけていた

熊本県の洪水の被害も
一部の場所だ!
犠牲者が多く出た施設は本当に水没している
けどーーーーー



その近くの場所は
普通に車が走っている
普通に家がある
普通の風景


アメリカの人種差別デモも
マスコミは
全米、全地区のように報道するけど
限られたほんの一部の事

アメリカ在住の一般の方が話されていた


そうそう
遥か昔
学生運動の頃
学生運動真っ最中の大学に行っていた友達が
「片隅で一部が騒動しているだけだよ!」
と言っていた、、、、

マスコミに踊らされたらダメだよ!


熊本地震の時も
熊本県の方が
「私達は被災していません」
と言われていたし

私達
マスコミ報道が全てでは無いと心しなければね、、、、、

でも
災害に遭われた方々はいらっしゃるのは確かで
悲しい事であるのは事実だ