広島原爆の日

何年かぶりに黙とうをした
仕事の時は解っていても中々出来ないので

私など
何も知らなくて言葉に出来ない
無い頭で少しだけ想像する

言葉に出来ない
恐ろしく
苦しく
辛い
酷い
どう表現するのだろうか?

事前にアメリカ軍の流した言葉
「ニッポン良いとこ神(紙)の国8月6日は灰となる」
???
これは後に母達の作った言葉か??????
もう何も解らないーーーーーーーー

軍歌だって戦後に出来たのが多いようだし
ただ
行進曲のような歌は
母達小学生が駅まで兵隊さんを送りに行く時
太鼓を叩いて歌って行ったようだ

母は体格が良くて
大太鼓だったので重たくて嫌だったと言っていた、、、、、
男の子よりも大きかったのか?
父よりも背が高かったけど、、、、、、、、



母に聞いた長崎で被爆した子供さんの事は
凄くショックだった
母の直ぐ近くの家のお子さん


長崎で被爆してその足で
佐賀県の祖父母の家まで帰ってこられたお子さん
の事

昔の各駅停車の電車で2時間
佐賀駅で電車を降りて
母の実家まで歩いて健康な体で1時間?

そんな祖父母の家に被爆してたどり着かれたお子さん
想像もつかない
当時は汽車だったろうか?
動いていたのだろうか?
お金も無く乗れただろうか?


玄関を開けた途端
全身から血が吹き出した
それから何日か生存されたそうだけど
周りは何もしてやれない、、、、、、
体をさすってやる事さえもーーーーーーーーー


実家の隣の祖父の兄の奥さんのお孫さん達
複雑な関係なのでそうしか表現で出来ないけど、、、、、、

長崎が危ないと情報のないこんな田舎でさえ
噂があったようで
娘や孫を迎えに行かれた

全員は複雑な事情なので連れて帰られず
可愛い子から選んで
酷い差別ーーーーーーーーーーーーー
連れ帰ろうとしたけど
断られ
他の子を一人連れて帰ってこられた
その後
長崎に原爆が、、、、、、、、、

佐賀に行くーー!
とついて来られたお孫さんは幸せに〜
もう寿命を全うされた
私にも優しい叔母さんだった

後で長崎に探しに行かれたようですが
娘さんも可愛い顔立ちのお孫さんも犠牲に、、、、、

原爆で知っているのはそれぐらい、、、、、、

書けない
知らない人は書いてはいけないかも、、、、、、




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント