お盆も終わり

母の初盆は
弟夫婦に酷い目にあった、、、、、、

これで
兄弟関係は終わり
もう他人

母の部屋は
母の残した品々で溢れたいた
でも
私は要らないーーーーーー

物は要らないんだ
自分の物さえ始末に困っているし、、、、、

実は
母が即捨てようとした
父と祖母の衣類を
抱きしめて泣きながら持ち帰った
それももう処分しなければならない、、、、、

もう
何もかも要らない
生きていてくれた時の思い出一つ一つを胸に抱こう〜
そして
私と共に消える
それで十分


お盆とか
お彼岸とか
生きている人間は色々言うけれど
私には無に思える

もう
父も母も祖父母も
無になって
私の心の中だけに存在する

宗教行事なんて
もう要らない

何もしなくて良い


45年ぐらい前のショック

本当は
50年ぐらい前って書いても何ら変わりは無い
かも

でもその頃日本は発展途上の上辺部ぐらいの位置で
あと一歩で現代と同じ
って感じだった

一気に文明が開花したのは
東京オリンピックからだと思う
当時中学一年生だったか?
水泳のショランダー選手に惚れた〜
夢で水色のドレスをもらった👗
夢見る夢子の始まり〜

夢に色がある事もその時自覚した!


45年前のショックって
友達の結婚披露宴の時

それまでは
お祝いの言葉は
「愛」
愛が全て〜
結婚も
手鍋下げても〜
って感じ
手鍋って意味
はお金は無くても鍋一つで所帯を持つと言う意味かな?


でもでも
友達の披露宴の祝辞にある方が
「人生はお金です!」
と言われたーーーーーー
今まだでの概念を消し去る言葉
「お金が無いと病気しても病院にも行けません!治療を受けられません!」
と言われた
「お金で健康を買える事も有ります」
と、、、、、、、


昔から
金の切れ目は縁の切れ目
とか
耳に痛いほど聞いてはいたけど
遠い世界の事だと思っていた

お金無くても好きな人と一緒なら苦労なんて感じもしなかった20代

あの祝辞をのべられた方がどなただったか解らないけど
今になって身に滲みる
いいえ!ずっとショックで心の片隅に置いていた

お金で買う健康
今なら高度医療もそうだろうなぁ〜
そして
PCR検査とかもそうだろうなぁ〜

お金の苦労をして
心が変わった方もそれ以上に人生を諦めた方も見てきた


20代の私からしたら
中年のおじさんだったけど
もしかして過去に苦しい思いをなさっていたかも???

そんな人生の指標を教示してくださった方
ショックで忘れられない言葉

でも
夢見る夢子は
夢の続きを見続けて70年近くフワフワと生きて来た〜
お金なんて、、、、、、、、、、、、

私は空気を食べているのか???