服を棄てねば!

服が山のように有る
貧乏人の証拠ーーーーーーー
いつか着るかもと棄てられない

もう私はガーデニングはしない!
公役にも行かない!
服は買い物に行く時と
ホームウエアしか要らない!
土作業は無い!


まず今年着なかった冬服を潔く捨てよう、、、、、、、
来年はまた良いのが出るから買う!
お金持ちさんはそう思って捨てられるのだろう〜

でも
ヤフオクとか見ていると
イッセイミヤケの服を沢山オークションに出される方は
多分お金持ち
なのに
とてつもない値段で出されている
未練がましいと思ってしまう、、、、、

人の欲しがる服はそれなりに競り上がるのにね〜

私も昔の服が色々有るのに
主人の服は笑ってしまう〜
一緒に出かける時はこんなの着て欲しい〜
とか思って私が買ったブランド服が手付かずのまま
ヤングのまま???
そのまま、、、、、、、

私のも同じだけど
ブランドの服は未練が残る
時代が目眩くように変わりなんの価値も無くなったのに
そこらへんの安物と同じなのに、、、、、


とうとう私は人生の晩夏になって
先が見えているのに
悟れなかった
物欲だけが強いまま
母が言った
「あんたはカラスね〜カウ!カウ!って鳴く」
10代の頃に言われた事が耳に残る

でも開き直ろう!
その幸せ感で最後まで突っ走ろう!
まず
古いものを捨てよう!

真実は
何も無いスッキリした空間で暮らしたい!