生きている限り

お父さん〜!
って心が叫ぶ、、、、、、、

もう良い加減にしなさい自分
と思いもするが

いつまでもいつまでも

父が30年ぐらい前に私に声もかけず
一人でせっせと穴を掘り
植えてくれたツツジが満開〜

上に大きく成長するよ!
と言っていたが
地が固かったのか横に広がった〜
5年ぐらい前までは彼岸になると根本に彼岸花が自然に咲いていた
球菌だと思うのに
種が何処から飛んで来たのだろうか?
もう咲かない、、、、、、

満開した花を見ていると
父が墓場の下から
「ツツジが満開しているだろうなぁ〜」
って思っているように錯覚して
涙が出てくる


墓場の下の父は
もう何にも思う事は出来ないのに
そう思うと
余計に涙が出る


いつまでも
お父さん〜



9E705C25-8D21-42ED-B7FB-6684D867FE00.jpeg