秘密

他人様に対して悪い事をしている訳ではない、、、、、
自分自身の内面の苦しさ?
自分を責める事
私はずっと
買い物依存症など言い訳をして
物を買い溜めしてきた
それが
アラ古稀になって飽和状態
というか
溢れてきてしまった
それが苦しい、、、、、、、
自業自得
借金がある訳では無い
でも溢れる物に心が潰れる
父が突然
救急車の中で息絶えた時から
それは始まったかもしれない?
泣き喚く私に
泣くな!
と一喝した母
その日まだ元気だった父に
遺言を書くな!
と一喝した母
父が大事にしていた高級時計を6年生の内孫にプレゼントした母
勿論即捨てられていた
拾ってきた私
母は
全ての事を
私を無視して進めていった
無視ではなくて
捨てたのかもしれない
肝硬変の治療を始めようとしていた父に
仕事を辞めて看病する
と言ったら
お前が仕事辞めるなら
俺は治療をしないと言った父
その時
既に肝癌に進行していたのに
父には勿論
私に隠していた母
肝癌なのにその日まで
普通に暮らしていた父
でも
私にしょっちゅう聞いていた
「俺は死なないだろうな?」
って
死ぬなんて思ってもいないし
肝癌の末期なんて言えなかった
「生きているならお金を貯めるぞ!
お前の息子たちは大学目指しているだろう〜
子を大学に進学させると大黒柱も倒れるって言うから」
私に援助するつもりだった父
「お前死なないと言っただろう〜騙したのか」
ってずっと
父に責められているような日々が続いた
火葬場の煙と共に
私に寄り添う父になった気がして
何かと
お父さん〜って話しかけた、、、、、、、
父が突然亡くなって
母が豹変した
祖母を通夜にも連れて来ないと言った母
私は
父の最後の姿を祖母に会わせてあげた
どんなに愛しい息子だったか、、、、、、
それから
暫く母とは疎遠になった
あまりにも酷過ぎる母だった
どんなに書いても
母の酷さは書き尽くせない
ファザコンの父を亡くした悲しみと
母の裏切り
心を何処に持っていったら良いのか?
実は
私の心は屈強だ
折れない!
体はガラスの体になってしまったけど
心が折れないのは確かだけど
買い物に依存する事で
自分を慰めていた気がする、、、、、、、、
心の平静を保っていたような?
でも
その裏には罪悪感が巨大に膨らむ
本当はガラスの心なのかも知れない
私の秘密
私の悲しみ
私の苦しさ
他人様は一笑されるだろうなぁ〜
母に裏切られる苦しみはずっと続き
PCを始めた頃
そんな方の集まるサイトを読みあさった
今も忘れない
「灯火の部屋」
って言うサイトだった
親兄弟に心を傷められる方の集まるサイト
ノー天気な
私の秘密
秘密は消すかもしれない
posted by アズキの母 at 20:48Comment(0)