今年も後3日

色々、色々 主人は遂に70歳 初めて会ったのは22歳だったのに、、、、、 お洒落と遊ぶ事 それが全てだった二人 まさか古稀の二人を思い浮かべる事は無かったのに 主人の寝顔を見ると 爺様そのもの〜〜 佐賀県では 「こっけ爺」と言うーーーーーーーーーーーーーー こっけいとは意味が違うが何故そう言うのか解らない 本当に 人生の終焉を考える年だった が まだ生きている 生きているどころか 私はお洒落をしたいと思っている それは 私の生まれ持った素かも??? 私の根本 紫色好きは変わらない! が身に着けるのは技が要る色 簡単に黒色に走る 何年も黒色を避けていた が 今、素に戻った 高齢者の黒色の服 難題になる 差し色をベリーピンクに決めた それもビィトンのバックストラップ 美しいベリーピンクが有った 服その物より高い4万円弱、、、、、、、、、 それは悩む そんな物にそんな値段 そして私の今ーーーーーーーーーーーーーー 今だからこそ? 今そんな物? もしも主人が病に倒れたら???? 年金生活者になる 色々、色々 元気でいて下さい〜 こっけ爺さん! 二人とも 来年はもっと元気になりますように!
posted by アズキの母 at 09:21Comment(0)

暇なのでファッション 黒い服

私は若い頃から ずっと黒い服を買い続けた、、、、、 実家の父の兄弟は7人全員叔父 男家系だ、、、、、 なので初めての女の孫の私は 叔父たちから 「姫」 って言われた 今時姫なんて聞いたら特別の気がするけど その昔は女性は姫と普通に言われていた そんな紅一点の私は 叔父たちの中で育ったからか? 女々しいいのは苦手だった 色も紫色が好きで 幼稚園の先生から精神状態を危ぶまれた 大人になっても暗い色が好きだった 当時の紫色は発色が悪く服としては着れなかった、、、、、 服は全部黒色 振袖も黒色を求めたが 母の友達の呉服店の店員さんから叱られた、、、、 「そんな色年寄りの色」 って、、、、、 が 付下げは黒色を必死で買った~ 母は いつ葬式があっても困らないね! と嫌味を言うし 花柄やピンクの服を着てよ~ って懇願されもした、、、、、 友達からも 黒い服ばかりーーーーー 時には白い服ぐらい着たら! と言われるし でも中学生になった長男から 今日はお葬式だった??? と言われた日から 考えを変えた、、、、、、 でも イッセイミヤケを買うようになってまた黒色に逆戻り が肝心要は別色を買っている 担当の店員さんに黒色ばかりなので と話していたし 昨年12月から また黒色欲しいになって~ 冬物は黒色O.K.! が 今の季節から着れるかな 「黒色の服」 Tシャツや普段着のカジュアルはいつも着ているけど、、、 問題はきちっとした服やワンピース👗やちょっとだけ洒落た服 不思議ですが 家の鏡で見る自分と ショーウィンドウやお店のトイレ等の鏡に映った自分は違いすぎる 年齢そのままのさもしい自分が映る、、、、、、 実験 黒色の服を着て出かけよう~~ 悲しくなる確率高いかもねぇーーーーー