恐ろしい自然災害

昨日は朝から 熊本の洪水の様子に心が凍る思いだった 被災された方々に 心からお見舞い申し上げます いつどこで起きるかもわからない自然災害 そして 台風シーズン前 テレビ画面だと 熊本県大変だーーーーーーーーー と 熊本県全体の事を思った けどーーーーーーーーーーーーーーー 今日の新聞の第一面を見たら あーーーーーーーーー そう言う事か! と 安心する 私達はマスコミに翻弄される がマスコミの伝える事は 切り取られた一部、、、、、、、、、、、 そこを誤解してはいけない いつのどの災害や事件でも マスコミの報道するのは 「点」 だ 今朝見た紙面は 事実を見せつけていた 熊本県の洪水の被害も 一部の場所だ! 犠牲者が多く出た施設は本当に水没している けどーーーーー その近くの場所は 普通に車が走っている 普通に家がある 普通の風景 アメリカの人種差別デモも マスコミは 全米、全地区のように報道するけど 限られたほんの一部の事 と アメリカ在住の一般の方が話されていた そうそう 遥か昔 学生運動の頃 学生運動真っ最中の大学に行っていた友達が 「片隅で一部が騒動しているだけだよ!」 と言っていた、、、、 マスコミに踊らされたらダメだよ! と 熊本地震の時も 熊本県の方が 「私達は被災していません」 と言われていたし 私達 マスコミ報道が全てでは無いと心しなければね、、、、、 でも 災害に遭われた方々はいらっしゃるのは確かで 悲しい事であるのは事実だ
posted by アズキの母 at 11:43Comment(0)